No.1155

輝ける表象をカラス似て

 

No.1148

Dr. ハーバード・ウェストは如何にして生ける屍を蘇生させたか?

 

No.1147

現実の車窓から眺めた生きる屍的な詩点

 

No.1146

個々の間で相互交換される興奮シグナル -愛の匂いを探って-

 

No.1143

愛の盤面におけるすごろく的な原理として

 

No.1142

迷宮のラビリンス、あるいは二重扉の仕掛け

 

No.1141

「チキンラーメン夫人の恋人」を読み終えて

 

No.1140

舌を突き出すノスタルジア

 

No.1139

生物学的過程としての神秘体験の一事例

 

No.1135

「困窮した淀みの中のフレイムフレームトラス」という過日なる幻想

 

No.1134

架せられた羽のないチョウの話

 

No.1133

試作なる詩作もしくは駄作

 

No.1132

”あははーん”的な視点に基づくレモンケーキ課題からの”あははーん”理論

 

No.1131

暗黒物質アクシオンの究極の選択

 

No.1125

あなたに逢いたくて、いま。

 

No.1124

こころの時間旅行

 

No.1123

可能な限りつまびらかな愛の断片を追って -PartⅡ:翻弄的叙述編-

 

No.1122

可能な限りつまびらかな愛の断片を追って -PartⅠ:遍歴的叙述編-

 

No.1119

空想と没頭における臨界期仮説のがらくたの塊